炭酸ガスレーザーでいぼを治療【邪魔なイボを綺麗に取り去る】

いぼ治療をするときは

婦人

痛みが少ない

美容外科でのいぼ治療は、炭酸ガスレーザーを用いて行います。炭酸ガスレーザーなら治療がすぐに終わり、傷跡が目立たないため、美容外科でいぼ治療を行う人が増えています。治療に入る前にまずはカウンセリングを受けましょう。炭酸ガスレーザーでのいぼ治療は、保険が効かず自由医療となるため、費用はクリニックによって異なります。クリニックのホームページには費用の目安が掲載されていることが多いので、事前に確認しておき比較しておくとよいでしょう。カウンセリングでは、いぼの状態を確認していきますが、万一炭酸ガスレーザーでの治療が適さないと判断された場合は、他の治療方法が提案されることもあります。また、炭酸ガスレーザーが肌に合わない可能性も考えられますので、照射テストは必ず受けるようにしましょう。施術当日はなるべくメイクをしないでクリニックに向かうようにするのがベストですが、クリニックによってクレンジングや洗顔料が置いてある場合もあるので施術前にメイクをしっかり落とすようにします。なお、炭酸ガスレーザーを当てた当日は傷口を濡らすことができないため、施術前にきちんと洗顔するようにしておきましょう。炭酸ガスレーザーを照射する前に、局所麻酔を行っていきますが、麻酔の種類はいぼの状態やクリニックによって変わります。クリーム状の麻酔を塗ったり、直接注射を打ったりするのが一般的です。麻酔が十分に効いていることを確認したのちに、炭酸ガスレーザーをいぼに照射していきます。なお、照射時間は1秒もかからないため、すぐに終了します。照射後は患部をアイスパックなどで冷却し、ほてりを抑えてから軟膏を塗りテープで保護します。施術当日は傷口を濡らすことはできませんが、濡らさなければシャワーやお風呂に入ることも可能です。また、傷口は常に潤っている状態だと綺麗に治るため、常にテープを貼って過ごすようにしましょう。炭酸ガスレーザーでのいぼ治療は色素沈着が起こりにくい方法ですが、施術後強い紫外線に当たるとシミができやすくなってしまいます。日焼け止めをこまめに塗り、紫外線に当たらないように心がけることも大切です。

Back to Top