炭酸ガスレーザーでいぼを治療【邪魔なイボを綺麗に取り去る】

いぼを安全に取り除こう

女性

いぼの種類とその除去方法

いぼは、皮膚にできる腫瘍の1つとされています。基本的に、いぼは良性となっているため、その点は安心していいでしょう。しかし、いぼといっても、いくつか種類があります。その種類を知っておかないと、すぐに除去が必要なのか、ある程度判断できないので、いぼにはどんな種類があるのか知っておきましょう。いぼが気になるのは、ほとんどが加齢が進んでいったときでしょう。高齢になるとほとんどの人にいぼがあるといってもおかしくないというほど、よく皮膚に現れます。特に、顔や頭に出現しやすく、大きさも2センチまでになるものもあるのです。このようないぼが、老人性疣贅と言われるものです。なかなか聞きなれない言葉ですが、加齢によってできるいぼの種類になるので、誰にでもできるいぼと思ってもいいでしょう。そして、いぼは加齢以外にも現れます。それが感染によるものです。尋常性疣贅というものになるいぼは、ウイルス感染が原因となって起こるものです。特徴として、手足の指にできることが多く、自覚症状も少ないです。また、他の部分にも移り感染が広がることがあるので気を付けるべきいぼといえます。そして、もしこれらのようないぼができた場合ですが、美容整形外科や皮膚科にて除去することが可能です。特にウイルス性のいぼに関しては、一回の治療で治すことが容易でないため、液体窒素を使ったものやいぼを削る方法などを何回か行っていきます。また、それ以外の加齢が原因で発症するいぼは、同じく液体窒素やレーザーなどを屈指して除去していくでしょう。特に、レーザーだと1,2回の施術で完了することが多く、傷口も残りにくいためすぐに自然な見た目に早く戻るとされています。また、レーザー治療は費用もお得で、1ミリ以下の小さなものなら数千円で済むでしょう。美容整形外科での治療となると、費用が気になりがちですが、この方法なら手軽に受けやすいので、歳とともに気になるいぼがあるならクリニックにて取り除いてもらうといいです。そして、クリニックでは、治療前にカウンセリングを徹底していることが多いため、より安心して受けられることでしょう。

Back to Top